介助犬の普及と訓練・育成およびその貸与に努めています。

介助犬とは

介助犬とは

介助犬とは、手や足に障がいのある方の日常生活における動作の補助をするために特別な訓練を積んだ犬のことです。

また、ユーザーの精神的な支えにもなるとも言われています。
介助犬と暮らすことにより、一人で外出することの不安が軽減され、積極的に外出することができるようになったとの声もあります。
家族が安心して外出できるようになったり、近所の人との会話が増えたなどの効果もあり、介助犬を通して社会とのつながりがより深いものとなるでしょう。

2002年5月には「身体障害者補助犬法」が成立し、補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)を同伴しての社会参加が法的に認められました。

介助犬は、体に障がいを持つ方の手助けをする大切なパートナーです。

介助犬は身につけるべき動作が、ユーザーによって大きく異なるため、それぞれに適した特別なトレーニングが必要となります。
介助犬はユーザーに無償で貸与されますので、そのほとんどは皆様の寄付や会員費に支えられています。

介助犬の現状は、まだまだ数が少なく認知度が低いため、日本ではいまだに入店を拒否されたり、苦情の対象になることも事実です。
これからもなお一層の普及活動が必要とされています。

厚生労働省認定 「ほじょ犬」マーク

ほじょ犬=補助犬は、介助犬、盲導犬、聴導犬の総称です。
補助犬は、身体障害者補助犬法により、公共施設や交通機関はもちろん、デパート・ホテル・レストランなどの一般的な施設でも自由に同伴できるようになっています。

補助犬はペットではありません。
体の不自由な方の、体の一部となって働いています。
社会のマナーもきちんと訓練されていますし,衛生面でもきちんと管理されています。
お店の入口などでこのマークをみかけたり,補助犬を連れている方を見かけた場合は,ご理解・ご協力をお願いいたします。

日本動物介護センターでは、介助犬の訓練・育成および介助犬を必要とする方への介助犬の無償貸与を行っています。

ご相談、お問い合わせはお問い合わせフォームかまたはお電話でもお受けしております。

介助犬育成のための費用の寄付も募っています。皆様のご協力をお願い申し上げます。

ページトップ

ご協力のお願い

平成27年度 活動報告

年度別活動報告

飯館村の犬を預かり隊ブログ

NPO法人日本動物介護センター

facebook -じゃがいも-

NPO法人日本動物介護センター

  • 【事務局】〒500-8212
    岐阜県岐阜市日野南4丁目17-7
  • [活動時間]
    10:00~17:00
  • [電話番号]
    058-264-4454
ページトップ